< 2017年10月 >
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
※カテゴリー別のRSSです
アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 12人

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上記事の更新がないブログに表示されます。
新しい記事を書くことで、こちらの広告の表示を消すことができます。  
Posted by ミリタリーブログ at

2013年03月16日

G&P M870 MCS風



今回は現用の記事です
職人さん銃器シリーズ、今回はG&P M870の外装変更品になります

この所、事あるごとにBF3をプレイしていたのですが、その時に取り憑かれたように突撃兵種、M870で走り回っていたことで使用していた銃にハマり、立体造形物がほしくなる王道パターンに・・・

というわけで、こちらの製作を依頼していました。
いくつかあちらの方で依頼にないものも追加してくれたようで・・ありがたいです・・・



G&PのM870はシェリフモデルを使用しています。
ロングバレルの方は絶版かと思っていましたが、この所再販されたのかショップにあったのでこちらを購入いたしました
オリジナルのマルゼン製品はプラであったところが大体メタルに。重いです
メカの方は発射時特有の「ばい~ん」音が抑えられているのは好印象でしたが、今のところ給弾など調子が良くないのでもう一度ばらして見ようと思っています
どの程度飛ぶかなども調べていないので、いくつかやることが残っております

今回追加、変更した外装の方へ



ストックはMCSと呼ばれてる個体によく付いているものに形状的に酷似していたKTWのスパスカスタムの方から借りまして、職人さんの方にスペーサーを加工していただき、装着して頂きました。
ストックパーツの加工の方はトリガー後方を少し面取りしたくらいで、なんだか繕ったかのように綺麗に収まってくれたようです。非常に構えやすいです。
あ、あとスパスの方には後々別ストック見繕いますので許してください、(スパスオーナー様へ)



上方レイルはジャンクボックスからVSRのものを装着しています。
長さ的には丁度良いくらいにおさまってくれたと思います




アイアンサイトは職人さんの手製で少ない資料でそれっぽく制作してもらいました。
狙った感じはゲームのそれでした
現状仮止め状態なので、何らかの方法で固定処理する予定です
接着だと吹き飛びそうになった場合に回収できるかどうかで問題が出るので、薄い強力両面での固定の方がいいかもですね



いくつか資料の中にあったもののレイルマウントもついでだからとこちらも頂きました
コレによって前方がゴツくなって良い感じです。
せっかくのレイルなので、ライトでも付けたいところ あとで買ってこないとですね・・こちらはVショー帰りにでも



拡張マガジンチューブ前方にも集めた資料にあったような形状に似せてもらいました。外見的要素が増えるのは嬉しい限りです。



そしてこのタイプで印象的な思わず触りたくなる二の腕的形状のフォアグリップ、こちらはマルゼン純正の丸筒にかぶせる形の物を制作して頂きました。
一体物であるとそういえば金属同士が擦れ合ってかんでしまうようで・・・
この都合で筋肉的膨らみの方は控えめになっています。
持った感じや使い心地的には良く、キレよくガシャポンできます。
アルミゆえの冷たさがありますが、これから暖かくなるから・・・
外装的にはあと左側面に付くシェルキーパーなんかが欲しいところです



重量は3,2kgでした。重い・・しかし銃の腹の重さか、ピストルグリップのお陰かそこまで重量バランスは悪くないように感じます。
綺麗に引き戻しができるので連射も難なく、安定していけそうです。
ボルトに比べるとはるかに素早く次弾は送り込めますね
この銃の運用も楽しそうですがひとまずマガジンを調達しなければ

が、現状現用についてはまともな装備がない状態なのでVショーなど含め色々調達してきたいと思っております。
装備がある程度整い次第、埃を被っている他の銃と共に使っていこうかな、と
旧軍装備も背嚢、防毒面嚢を追加できればいいなぁ、とそれ以上についてはあまり定まっていないので、今度は横道開拓です
こちらについてもパーツ制作は可能なようです

追記

BF3だと・・・
デフォルトがこんな風で

拡マグがこんな風ですね


あれからフォアエンドは市販のものに変更しました
やはり、フルサイズなことも手伝って凶悪な重さでありまして、導入に踏み切りました;
相当軽くなり、薄くもなって全体的にスマートな物に
フォアエンド位置は一般的な長さの物に準拠しているので、後方に下がりました
これにより空いてしまったスペースは適当な塩ビパイプを詰めています

  
タグ :M870MCSCA870BF3

Posted by DEI at 09:01Comments(1)CA870

2011年09月08日

カスタムベースに4




これで一応の理想の形にはなりました
前回からの変更点は


G&Pのフロントキットと

AIMポイントブースターです

これの追加により、前回に比べてかなりの重量増加ですw
フロントキットがメタルのため付け替えると純正のときの取り回しのよさは少なくなり、とにかくずっしり重くなりました
そしてホップの調整穴が無いので調整時は固定用イモネジ二本を緩めて先端キャップをはずさないと調整できない上で、イモネジが少しでも機関部からはみ出しているとバレル自体をはめられないという仕様になります
カスタムパッキンを組み込んだのですが、ホップがかかりやすくなり、どうしてもイモネジをはみ出さない
ようにはできなかったのでイモネジの下のバネを少し切り対処しました
調整時には純正のバレルつけてやる感じですね

こんなバレルですがメタルで、バレルをセンターで保持してくれるので剛性の上昇と効果は不明ですが精度の向上?が期待できそう・・あとはなんといってもフロントがごつくなり存在感が増します
そんなこんなでメリットがあります。

重さに関しては弾倉にあたるチューブをそのまま純正のまま使用することで若干解消されました

フォアグリップははずし方がわからず困りましたが、思い切って木槌で上から数回たたいたらすんなり取れました
これにしたことによるメリットは見た目以外よくわかりません。
純正のほうが使いやすかった感も少しあります

ブースターは有名なドラ氏にて購入
運用において単発なので、ほぼ遠距離からの狙撃ような使い方になると思うので購入してみたんですがマウントの高さがあってませんので、マウントかってこないとです
今の状態では金欠なのであとでですね

あとスリングを変えました。なんだか古い型でしたので・・
前回のスリングよりも軽量で、シェル保持も確実です

内部は前述のカスタムパッキンと、メカボは開けて各部を拭いた塗ったしてメンテして、あとは発射時のビヨーン音をなんとかしたかったので、ピストンには脱脂綿をつめて、ビニールテープを貼って、スプリングには脱脂綿を通して、スプリングガイドにはガイドっぽくした水道補修用のパッキンを切って調整して通しました。
前述のように金欠ですのでお手軽にできるか?と試しにやってみましたが効果は抜群のようでビヨヨーン音がベン!に変化、かなり発射音が抑えられました

スプリングも変えようとライラのAPS2用買ってきたんですが、切らないと入らないみたいですね
後で気が向いたらカットして組んでみたいと思います。

後はフレームが浮いてるので後で塗装したいですねー

記DEI
  

Posted by DEI at 01:08Comments(0)CA870

2011年08月23日

カスタムベースに3



思っていたより早くレイルとストックが届きました
レイルはフリーダムアートのタイプEです
一点保持のみですがガタなどはなく安心して使えそうです。スタイルも悪くはないと思います
こうレイルが長くなるとあまったスペースにAIMPOINTのブースターなんかものせたいなぁなんて・・・
この銃の単発という点から見てもそうすればより実践的なものになりそうなので現在前向きに検討中です

ストックは定番マグプルのCTRレプリカです
HK416に付けたとき気に入ってしまったのと、軽量、スマートに収められるという観点からこれに
さすが、軽くて保持もしやすくなりました
スタイルは・・グリップとの組み合わせ的にはどうかな?という私感です
スリングつけられなかったので、下部穴にリングを通しました

前回装着したサプレッサーはこのスタイルにしたとたんバランスが悪く見えてきたのではずしました
こうして色々つけてみましたが・・使いやすくしたという意味でなら相当使いやすそうにはなったように
思うのですが見た目を考えると・・・やっぱりフロントが気になります。

というわけでG&Pのフロントセットを導入しようかなと考えてます。
今から注文してサバゲまでに間に合うかは微妙ですw
間に合わないようであればこの状態でいきたいと思います
  

Posted by DEI at 00:08Comments(0)CA870

2011年08月22日

カスタムベースに2



あれから外見を少しだけ変えてみました。
前回時からの変更箇所はサプレッサー、グリップです

サプレッサーはアダプタ買ったのは良いものの逆ネジでなかったというオチだったので正逆対応買いました。
取り付けに少々苦戦しましたが、無事に取り付けられました。
装填して撃つと発射音の減退が感じられました。

グリップはwa用ERGOグリップを加工して取り付けしました
こちらも結構苦戦しました。固定がもともとの締め付けと瞬接のみなので強度が心配ですが、いまのところは
ガタも無くしっかりついてます。グリップ自体はラバー素材っぽい感じで握りやすいです
グリップは通常のものは薄すぎて握りにくかったので、優先して変えたかった部分でした
構えてみましたが、保持するのが比べて、格段にラクに感じました

これからレイルとストックが来る予定です
盆のC80ではっちゃけたおかげで自分の財布は絶望的な状況になっていまして本当は給料日まで色々できない予定でしたが、兄に借りることが出来たので助かりました
近々サバゲも予定しているので、それまでにある程度は形を作っておきたかったので・・・

まだまだゴテゴテしていこうと思います。
違う仕様でもう一丁つくるのもいいかなとかも考えたり・・・

記DEI  

Posted by DEI at 00:43Comments(0)CA870

2011年08月18日

カスタムベースに



ずっとメンバー宅にて空気の存在(今期アニメの某ヒロイン的な扱い)になっていたCA870ですが、この頃自分がCA870をゴテゴテさせたい!と思い立ち、はじめ新規でベースを買おうかと思ったんですがこの銃をメンバーが持っていたことを思い出し、交渉の後引き取ることに。

オーナーがオーナーだったので傷はたくさんありますが、許容範囲でした。内部をすこしチェックして必要そうなパーツをつけたり、ビニテの補修でガタや作動も問題なくなりました。
外うちはまだやる機会ができず射撃性能については調べていないですが、そこまで発射はしていないと思われるので現時点ではそこまで不安にはおもっていません。後で不満が出てきたら素直にばらしていきたいと思っています。そこまで中も身複雑そうでないようですし
一応、問題ないようでもパッキンは変えてみようかなと思っています

外装は自分好みにゴテゴテしていきたいと思います。
ノートに描いてみた構想としてはこんな感じですが(絵下手、画質悪すいません;)、最終的にどうなるかはわかりませんw


実は以前はこの銃を若干アンチしてるような感じがありましたが、このところいろんなサイトさんめぐってたりしてみると意見はコロっと変わり今にいたってます。
いやあこれを使ってゲームでヒットが取れたらさぞ楽しいんじゃないかと・・・そう思いまして
しかし、腕が必要な武器だとは承知していますので、自分だとまともにヒットをとるのは難しいと思います;

あとコレをゴテゴテするのに今回の給料は飛ぶと思うので、DboysのSCAR-Hは今回はあきらめて来月ねらってみようかなと思ってます。


記DEI  

Posted by DEI at 00:31Comments(0)CA870