< 2017年08月 >
S M T W T F S
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
※カテゴリー別のRSSです
アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 12人

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上記事の更新がないブログに表示されます。
新しい記事を書くことで、こちらの広告の表示を消すことができます。  
Posted by ミリタリーブログ at

2011年12月20日

ランダルその後


KTW製M1873ランダルですが、その後紆余曲折あってこんな姿に

なってます
ランダルを弄びながら、スムーズに構えるためにこんな感じにしたいなーとか、グリップは下に逸らしたいなーなど  色々と夢想しながら絵にしていったところ、同時にバイト先の知り合いの方が職人さんだと知り、頼んでみたところ引き受けていただきまして
その後その想像した絵だけ渡して制作に入ってもらい、完成したのはポン付可能なもので、デザインは想像通りのものに仕上げていただきました。そして干渉などを避けた固定配置も考えていただいて完成。その後、塗料を塗りたくってこんな感じに・・・塗りは自分がやったので下手です・・・
後でもう一度塗り直しするつもりです
完成したこの品、格段に構えやすくなりました。その他のいろいろ相談にものっていただいたりして・・・本当に感謝してます。
外観は以上です
そして内部ですがこれ、かなりの部分がプラパーツで構成されていることもあってか結構貧弱なようで、千発位撃ったところで内部のピストンがぱっくり割れました。
余りにもきれいにパックリ割れたため、一度接着剤で固定して応急処置、パーツ到着後にパーツ交換しました。
内部のパーツが木ネジのようなものでとまっているせいか一度外すとかなりゆるくなり、作動不良を起こすようになったので結局プラパーツにネジを固定するなどして対策しました。
チャンバーパッキンも削れたので交換しています
初速は68、9程度です
コッキングははじめは重かったのですが、干渉していそうな部分を少し削ったり、鉄粉を清掃したり、グリスを塗ることによってかなり改善されました。
ダストカバー部を動かしているネジで止まった鉄板パーツも頻繁に外れるため、ネジロック。レバーを支えるネジも頻繁に外れるためこれもネジロック。これでかなり改善されました。

総じてかなり内部は手の掛かる子のようで、めんどくさい銃なんですが、独特のレバーコックと逆に手をかけた感のおかげですっかり思い入れのあるお気に入り銃です

これをサバゲで使うとなると腕が必要そうですが、もうスペアマグも買ってしまったので積極的に使っていこうかと思います。
  

Posted by DEI at 16:17Comments(3)M1873

2011年09月07日

爽快のスピンコック



KTW製のM1873ランダルカスタムになります。
モダンウエポンスキー、ゲーム厨で知られる自分がなにをこんな興味の無い分野の銃を買ってるんだと
別に荒野のウエスタンがやりたくて買ったわけではないんですが・・・

経緯はというと現在、なぜかメンバー内でエアコキブームが到来し、KTW製品に矢が立ったわけですが一人がイサカ、一人がスパスを買い、残る物はM1873となったのですがしかしとりあえず自分は
マルゼン870を改装中であったのでまぁ別に無理に買う必要はないなとおもったんですが
なんといってもイサカとスパスの作動音、発射音、それぞれのフォルムのかっこよさに徐々に購買意欲も沸き、色々調べまして・・

ショップにいって実際に触ってみてこの型と色々に惚れてしまったのが運の尽きでした。




時代を感じさせるデザイン。ゾンビ映画には結構出てくるんですよね。最近ではこれの改良版?がゾンビランドでトゥインキーに目が無いおっさんの武器として出てきましたね
実銃では44あたりのピストル弾を使うみたいですね

木製にあたるグリップ部は木目調のプラ製です
しかしここ以外はメタルパーツになります
ちなみにロットによってグリップ、ストックの色合いが濃い薄いで違うみたいです
自分は現行ロットを買いました 濃い色です

ひんやりした感触とずっしりとした重さを感じることができました

しかしパーツの成型がすこし雑だったりするところも見受けられます


ダストカバー部
あいたらあきっぱなしになります。この状態だと内部のピストンなどのユニットが丸見えの状態になります。この頃はこれを閉める動作もたのしかったり・・


フロント部
オクタゴンバレルでしたか 八角のバレルです
サイトが無いです
ブレードサイトなんかがほしかった所です



フロント、マガジン部です。前方にチューブ式弾倉をいれる形になります
段数は14発と少ないです
慣れればかなり連射できる銃故、スペア一本入れてもすぐ撃ち終えてしまいます
もう何本かスペアがほしいですね
しかし短いのでリロードにはさほど時間はかかりません。ここが利点でしょうか



これを買うのと同じく入手したマウントベース、サイトが無いのを不安に思い購入にいたりましたが
手持ちのものではあまりにも似合うサイトがない・・・
C MOREのドットサイト、ドクターのドットサイトあたりなら似合いそうなのでどちらか後々購入してみます
もはやグリップ、ストックも黒染めしてMW3のエセモダンM1887みたいにするのも面白そうですw

のせるサイトにもよりますが後述のスピンコックに支障は基本的にきたしませんでした


この銃、現在ではかなり気に入っています。
この持ち歩きたくなる風貌、以外に構えやすい銃など要素は色々ありますが
中でもスピンコックもどきが出来るのがこの銃の魅力です

エアコキなのでレバーは重く、片手のみでやるのは到底不可能なんですが両手をつかってうまくまわしてやれば
スピンコックみたいなことができます。詳しくはようつべにこの銃の名前を入れればでてくるとおもいます。
その人の華麗な技を参考にさせてもらいました。
このスピンコック、慣れれば結構かっこよく、そしてすばやく連射することができ爽快です
二発残る残弾もこの方法ならばほぼ無問題です

実射ですが、これ以外に飛びます
ホップダイアル(六角調整式)がかなり前にあるため相当バレルが短いと思うんですがホップ適正にしてやれば
うちのCA870(中古、ホップパッキン交換済み)に勝るとも劣らない飛距離を飛んでくれました。
左右のブレもあまり感じませんでした

これ気に入ったので、あとでカービンのほうも買おうかな と思うほどに面白い銃です。
しかし、コッキング時に脱落するレバーピン、内部もそのままだとネジがゆるいのでネジのマシ締めとネジロック塗布、あとはレバーピンにはグリスを塗布するとスムーズに、脱落もかなり抑えられました。
中身もグリスは質が悪そうなのが使われているのでコックに支障をきたしそうな部分はふき取った後研磨して、再度国産グリスを塗布しました。
はじめに比べると断然にコックはスムーズになりました。
しかしトリガーが少々重いですね

総じてこちら、なんだか予想外に良いものでした。価格も値下げ入れてマルイVSRと同じ位なのでコストパフォーマンスも高いんじゃないでしょうか

ちょっとこれサバゲでつかってきたいですねw
セミ戦なら・・

記DEI  

Posted by DEI at 13:01Comments(1)M1873