< 2017年06月 >
S M T W T F S
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
※カテゴリー別のRSSです
アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 12人

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上記事の更新がないブログに表示されます。
新しい記事を書くことで、こちらの広告の表示を消すことができます。  
Posted by ミリタリーブログ at

2012年03月08日

KTW イサカM37 フェザーライト 置いてきもの

三ヶ月ぶりくらいの更新でとても久しいです。例によって他の方のブログを徘徊していたパターンです。

メンバー内でなぜかKTW商品を購入するのが流行していたりしていたのですが、こちらもその流れで、イサカM37、フェザーライトになります。
メンバーM所有のもので自分のものではなかったり。




ポリス、ソードオフなどのショートモデルもラインナップされているのですがこちらはスタンダードなモデルです。
こいつ、結構長いんですが、全プラゆえに重さは1.4kgとまさにフェザーライト。
バレルをみるとショートモデルに継ぎ足した感があります。一体ではないみたいですね・・
軽いのはメリットでもあるのですがやはりその構造ゆえの破損が少し気になるところであります。


初速は0.2gバイオで・・・95ms??
箱だしなはずだが・・妙に高いな・・・

さて、イサカというとハイスクールオブザデッドなんかで出てくるのが自分の中では有名です
あっちにはドットが乗っかってましたね
現在最新の話ではM1014かなんかに変更しているみたいなんですが

なんだか雰囲気的にもいかにもゾンビ物に合いそうな銃です。
普段は部屋にぞんざいに立てかけられていて、何かあった際には命を守る武器になる みたいな、そんな感じがあります

こいつの特徴は、エジェクションポートが横ではないってことでしょうか
最初のぱっと見ではM870とどのへんが違うんだろうと思っていましたが、ここが大きな違いですね

作動音はガチャコッといい音を奏でてくれます。
引きはCAなどよりも軽く感じます。そのくらいストレスの無い発射が可能です

マガジンは棒型がたしか二本ついてたんでしょうか?ちょっと自分の所持銃でないのでわからないです
最後の何発かはあまるので銃を逆さにしてコックする必要があります。このへんはKTW製コッキングはだいたい同じです
一応1、2発変換ができますが、これは使わないでしょう 基本は一発運用です
射程なんかは外うちしていないのでわかりませんが、まぁ他のKTWシリーズがちゃんと飛んでくれるので大丈夫でしょう。

今回メンバーMが置いていった物


次世代74Uとイサカ、PX4というなんだかすごい組み合わせ
撃たせてもらったんですが、AKのリコイルには感動しました。いいですね これ


そういえば色々あって日本軍装備を集めることになりました。
揃い次第ここであげていこうかと思います
  

Posted by DEI at 16:42Comments(0)イサカ