< 2017年10月 >
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
※カテゴリー別のRSSです
アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 12人

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上記事の更新がないブログに表示されます。
新しい記事を書くことで、こちらの広告の表示を消すことができます。  
Posted by ミリタリーブログ at

2013年04月15日

sten Mk2 百式機関短銃風4 Rマガジン、色直し等



百式風ステン、作成して頂いてから数々の戦闘で使用して来まして、度々改修や追加パーツがありましたが・・・
今回、職人さんの方からRマガジン作成が完了したとのことで受け取って来ました
初期からマグは曲がっているのが理想ですね、という話はしていましたが、最近いくつかの多弾化をされていた中でこちらの方も挙がり、作成となりました
やはり曲がっているという要素があるだけで相当に見た印象が変わりますね・・!

UZIの多弾マグの加工品になっています。弾上がりも良くスプリングマグ以上のキャパがあるので外観問題の改修と合わせてガンガン使っていけそうです。
一応多弾ゆえにゼンマイ給弾時は若干斜めに倒しての給弾になりますが特に手間でもないのでここは問題ないですね
これのお陰で風が増しました。ありがたい品です

マグ互換の関係で一応、MP40にも使えるのですね・・・



こちら、ショップで目に入り、パッケージが格好いいのということで即買してしまいました
KJ製スタームルガーMk1です

グリップパネルの方は旧軍コスでの使用にあわせ、それっぽくということで簡単に塗装してしまっています
使用について性能の方はどんなものかな、というところでしたが撃ってみたところはパワーの方は良好のようです
マガジンの方も弾込めに難がありますがガスは装弾数17+3くらいは保ってくれるので使い切りできますね
トリガーは機構故の問題である程度硬いのですがグリス差したらかなり軽くなってくれました
あとはホップのかかりですが・・・

南部似の見た目で、グリッピングやサイティングなんかについても非常に良好で違和感なくスッと構えられて良いですね
使い切り用途としての運搬について、軽いこともアドバンテージになりそうです

先行して所持、使用していたM1910は職人さんの方に欲しいと言われてあげてしまい、P7の方もコッキングが面倒なのと外観の都合でこちらに置き換えです


あと百均で買って来ましたこちら、スポンジブレード
二本買ってきてブンブン振りまわしたり銃にやっつけ接続したりして遊んでいました
超楽しいですね

イベントサバゲなんかで使えるような機会があれば持って行きたいところです

追記、イベントに向け剥がれていた塗装を治すついでに、試してみたい塗装があったのでやってみました

こちらアルミ用スプレー塗料、お値段1150円ほどのものです
今回これのブラックを下地に置き、それからカッパーブラウンメタリックを薄く吹き付け最後にもう一度サっとブラックを吹くという塗装を試してみましたところコレが良い感じでした。
これにより黒の部分は全体的にサビがかかったように見える仕上げになりました

塗膜も粘りがありそうです。今度からは金属サフとこの方法で塗装、でやっていこうかな、と



全体的に黒ずませました
十一年式の方も同じように塗装直しました。後で四四の方もやりましょうかね

追記 
ストックを変更しました  

Posted by DEI at 23:16Comments(8)STEN Mk2

2012年08月08日

sten Mk2 百式機関短銃風3 小改良 &サバゲ報告

先月末はサバゲに行って参りました。

しかし、肝心の写真の撮り忘れ、期の逸し、通常の定例でない貸切に参加させて頂いた身、等の理由で他記事内にて報告という形でいきたいと思います。

当日は日本兵が私ともう一人を含めると九名集結するというおどろきの事態から始まったサバゲ
たくさんの小銃、軽機の姿が見られました。眼福です。
日本兵の皆様の整えられた装備、佇まい、ネタのベテランパワー、戦場での勇猛果敢な戦いっぷりに終始圧倒されておりました。相手方の聖戦士の方も凄まじい戦いっぷりで、こちらにも同じく圧倒されました。

ゲームに参加されていた方々のサバゲ慣れしているとおもわれるその動きも凄まじく、ビシバシやられておりました。とにかく展開が早かったです。

自分は当日の快晴とその暑さにやられ、休憩多しの戦闘では自爆多しのヘタレっぷりを存分に発揮して参りました。
貸切への参加も初めてでビクンビクンしておりました。もう各方面で修行が必要のようです・・・
フィールド(デザユニ)も初めてでしたが、各所に建造物があったり、戦車があったり、各所で違いが見られる面白いフィールドでした。
総合して、とても充実した楽しい一日でした。有名な方や色々な方のたくさんのレアなシーンや装備、ネタをこの目で拝見できたことは、非常に良い思い出になりました。
当日参加された方、ありがとうございました!

今回、ゲートルの巻き方を教わって来ました。感謝です。パラダイムシフトってやつでしょうか、従来の巻き方が相当に間違ってたみたいで・・・うまく、とはいかないですが、早さや確実さ、耐久性は増しました。これから練習して上手く巻けるようにしたいと思ってます。


以下は百式型ステンの話

戦闘で使っていくうちに出てくる改善点、ディティール向上等の目的であれから話し合い、少々、出来る範囲での改修をして
頂きました。



まずは照星。これを見やすく、そして見た目をよくする目的で前回の二式以降の方式の照星に。
結果、広く、見やすくなり、外見も良くなりました。


照門。こちらもなるたけそれっぽくするために少々の改修が加えられました。
従来は大型で、視界を遮っていましたが、低くなったので全体を見渡しやすくなりました。


こちらも形状変更 笑ってる口型です。
たしかこの形が正規のものであったはず・・・


それと、スリングを変更しました。こちらはまた変更の可能性アリです

変更箇所は以上です。
中身のほうはあれからマイクロスイッチとFETが実装されました。現在二戦を経ましたが、特に異常なしです。
なんだがそのままだとメカボ全体にマイナス電気が流れていたとか 構造的に長く使えるシステムでないようですね。
まだどうなるかわかりませんが、これで安定して稼働してくれれば問題はピストンなどに限定されるので心配が
少なくなります。
給弾の方も特に問題はなく今のところは全体的に見て非常に安定しています。
サバゲでは優秀なお供として活躍してくれています。


あと、職人さんが時間ができたので、ちょっと作る ということで2号機が製造中のようです。
現在は自分が素体ステンの安いものを検索中
こちらはこれ以上にトリガー位置や放熱口のピッチ変更、ストック形状、照星の大型化等のいくつかの改修が施される予定です。

追記
あれから

槓桿を変更しました


それと、FETに続き、発射レートを細かく設定できる機器も作成していただき、導入しました。
スイッチ付きで、「設定レート↔通常レート」にでき、細かな設定の方は小さいドライバーで行います
今は発射レートを一番低く設定しているのでおそらく秒10発も出ていないレベルの遅さです。(イメージとしてはバッテリー切れ寸前)
シュタンタンタンタン とさながら当時の重機関銃というところでしょうか 
現在使用している110連マガジンで、かなりの持続射撃が可能と思います。
スイッチで切り替えのお陰で状況に合わせることも可能なのもいいですね

しかし、この最低レートの状態であるとリポのヘタリがわからないというのが欠点です。一応バッテリーに関しては毎回フル充電していき、なおかつ燃費もいいので普通に使用するぶんなら問題ないかとも思います

追記
大幅に改修を加えられた2号機です



追記

一号機は改修三型っぽい風に
  

Posted by DEI at 19:51Comments(2)STEN Mk2

2012年04月24日

sten Mk2 百式機関短銃風2 脱着式二脚の追加

前回の百式機関短銃風ステンですが
この後この銃を作成してくれた知り合いの方がそのまた知り合いの方と話がてらに一緒にネットで旧軍小火器の写真を色々見て回る中で二脚付きの百式機関短銃の改修三型
を見てらっしゃったようで、次に会った際に二脚付きもあるんだねーとお話していたんですが
「こんなのもあるんならじゃあ、二脚も作ってあげるよ」という話になりまして・・・
急遽追加オプションを作っていただくことに

その後、角度や傾斜を何°にするか、脚に使う丸棒はどの程度の太さにするか、可動はどんな感じにするか など色々話しあって、完成した物がこちらになります

展開状態


収納状態


通常状態


なんだかこう、ゴテゴテしました・・・w
あるなしでは格好にかなりの違いが出ているように思います。


下方からの収納状態 バンドで止めてあります。しっかりと収納されます。

出すときはクイッと少し広げてやれば外れるようになっています。

平坦な床で伏せて立てて見ましたが、高すぎず低すぎず、ちょうどよい感じです。
脚もしっかりと自立してくれています。
これで機関銃のように脚を立てて分隊支援することができますw

脚付け根可動部にはバネと円盤状の金属パーツが入っているそうで、クリック感もあります。
二脚はネジ一本で脱着が可能です

二脚自体の重量は思ったよりないので、重量増加はさほどというところですが、もともと構造的にフロントヘビーな銃に前方にかかるウエイトが増したためスタンディングで構える時などはやはりつけているつけていないでは若干の違いはあります。
そこは状況に応じて脱着できるので、この利点をいかしていこうとは思いますが、しかし辟易するほどではないので、自分のコンディションの問題が出ないようであればそのままでやります。
なんといっても格好がいいですし

ステン自体のスイッチ保護等電装の方もその方と話あって色々試行錯誤していて、結果、失敗していたのですが、そこから知り合いの方の知り合いの電気関係に強い方も加わってまた試行錯誤することになり、近いうちに接点保護デバイスと、プラスでPWMという連射速度を落とす装置もつけてくれるという話になっています・・・本当に感謝です・・・これからもいろいろな形で恩返しと交流をしていければと・・・

そして装備を!装備を!
近いうちに買ってこようと思います

追記


現在のフル状態  

Posted by DEI at 01:28Comments(4)STEN Mk2

2012年04月11日

sten Mk2 百式機関短銃風

知り合いの方に依頼していた品が完成しました。(追記。あれから少し改修されたので一部の画像を変更しました。)




ベースはこのAGM製ステンMk2です

これを今回旧日本軍が大戦末期に使用していたと言われる「百式機関短銃(前期型)」風にしてもらいました。(下画像は後期型)

アルミパイプ、アルミの鋳物、塩ビパイプ、ラワン木材などで制作してもらいました。

ステンをベースにすることによって生じる大きな違いはマガジンです。

ステンはストレートマガジン、百式はMP5のようなバナナ型マガジンを使用する点です。
ここをMP5マガジン仕様にするようにできないかと一度考えましたが、しかしそれをするにあたってのチャンバーその他合わせが手間やリスクのかかる作業になってしまうので、相談した結果チャンバー周り及びマガジンはステンのままになっています。
なのでマガジンはAGMのMP40/STEN用のマガジンを使用します

バレルはセンターをリングでとっています
その他ジャケットやバヨネットラグ等の部品は接着やイモネジ止めでガタつきなく強固に固定されています
鋳物のザラザラとした良い質感がでています



セフティは元からついていないのですが、さすがに運用する上で危ないと思いタコ糸で簡易のセイフティにしました。

ちなみにトリガーは制作上若干遠くに配置されています。



2つあるスリングスイベルも作っていただいたのでスリングも装着しました。(トリガー上のものは分解用ピンらしいです コメントにてご指摘を頂きました ありがとうございます!)
スリングは布ベルトをリベット止めしてあります。
新品のものなので小奇麗ですが、オイルやらなにやらで味を出すか、そのまま使っていくことでも味が出てくるかと思います。後にどちらかの方法で汚していこうかと

中身はM14のような構造をしています。モーターをEG1000に変更、中身は元のグリスを拭きとった後、国内グリスを塗りシムを調整、シリンダーを穴あきのものに、スプリングを自宅に有ったもので適当と思われるものをいれています。
バレルはパッキンを変えて洗ったのみです
初速は0.25gで75m/sでした。軽快に作動しています
バッテリーは後部のバットプレートのネジ一本止めの蓋を開けて入れられるようになっています
マルイの固定ストック銃と同じ要領ですね
ストックは前回製作と同様、とても綺麗な仕上がりです(木材を主に扱っている方です)
そしてなんといっても木製のストックは温かみがあります・・・
重量はバッテリー、マガジン込で3kg
結構ずっしりきます。構えてみると、マガジンが横にあることで重みが左に行くのでしっかり持っていないと左に傾きます
しかし、下に何もないことによって伏射時は可能な限りの低姿勢で射撃が可能、というのは利点ですね


(改修後の状態)

チャージングハンドルはそのままステンのものを流用してます

この度、写真や画像を見ながらの見様見真似でほとんどフルスクラッチに近い製作をしてもらうという難題をいってしまいまして申し訳なく思っています。
しかし、良いものを作って頂きました。
制作にあたり色々と注文をつけてしまったり、モノ作りなどのアレコレ等のお話を聞かせていただいたり電装などについて相談に乗ってもらったりと迷惑をかけてしまいました。知り合いの方には多大に感謝しています。
自分もこれから少しづつ工作の技術を高めていきたいと思います

そして、これから足から頭まで、装備を揃えていきたいと思います。
しかし、マガジンの携行はどうしようかと
雑嚢にいれようにも昨今のバックル止め、などではないためマグの確実な保持、運搬を考えるとマグチェンジの際手間取ることは必至
しかも、フルオートオンリーでレートも若干早いのでその分弾切れも早く、頻繁なマガジンチェンジを行うことも予想されるのでこのへんは・・・・なにか考えようと思います
  

Posted by DEI at 18:08Comments(8)STEN Mk2