< 2017年06月 >
S M T W T F S
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
※カテゴリー別のRSSです
アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 12人

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上記事の更新がないブログに表示されます。
新しい記事を書くことで、こちらの広告の表示を消すことができます。  
Posted by ミリタリーブログ at

2012年10月20日

UZI 他、2号機紹介等



マルイさんの電動UZIの中古を購入しました
作動わかんない品です
銃全体に前オーナーさんの血が染み付いているかのような使い込んだ感がでております。

バッテリーを入れて撃ってみると作動はしますが、弾は出なかったのでグリップを外してみると

ポロッと

アァァァー!

一応購入にあたり下調べは済ませてあったのですが、見事にその中で見た症状でした。

タペプレ兼ノズルパーツの破損ということです
早速マルイさんに電話してパーツの方の値段は聞いて参りました
こちら、ノズルセットといい、一個368円とのことです

パーツが来次第、修理や脆弱な部分の対策にとりかかろうかと思います
というかこれの中身すごいんですよね
調べていて驚きました、これを量産してしまうマルイさんはワイルドだと思います
というわけで中身が独特の設計ゆえ、ちょいと不安もありますが、壊す覚悟で取り組んでみます

UZI自体も初めて触った故、興味津々でしたので思う存分撫でくりまわしていましたが
いかにも軍用といった体の無骨なシルエットでいて、しかしグリップセーフティやセレクター、マガジンキャッチなどのアクセスしやすい配置や、素早く確実に使用できるストックなど、非常に素敵な銃だと思います
グリップが素手だと角張っていて痛いですが・・・;
あと、いくらか構えているとフォアグリップが欲しくなりました

マガジンは相当に早く、簡単に抜けて感動してました
ノーマルマガジンの装弾数の低さはこれと、少々低いレートが働いてくれそうです

これはゲームに使用したら楽しそうですね

さて、こちらのUZIですが治り次第またベースになる予定です
職人さんと一緒に計画を進めていきたいと思っています




それと、ご依頼があったので各銃の2号機を職人さんが制作されていました

百式風ステンについては、初作品から実戦を経験する度々小さな改修がいくつもなされてきましたが、今回はそれも含めたパーツや形状の見直しが多く盛り込まれ、もう完全に別物となっています

四四式風は前回記事の兄弟機で、こちらもトップカバーの寸法や剣部自体やこれのブレなどが改善されており、ビンテージな仕上げになっています

どちらも各オーナー様に使い倒していただければ嬉しい、と職人さんの言葉です
各地で奮戦していただければ、と自分も思います

この他にも、百式STENや四四式VSRは依頼があれば制作しますとのことでした  

Posted by DEI at 19:53Comments(1)UZI