< 2017年10月 >
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
※カテゴリー別のRSSです
アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 12人

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上記事の更新がないブログに表示されます。
新しい記事を書くことで、こちらの広告の表示を消すことができます。  
Posted by ミリタリーブログ at

2013年10月16日

スウェーディッシュK 電動ガン

職人さんの方へ依頼があり、かなり昔の電動キットモデル?の調整、組み立て、部品追加などをやられていたようで、今回写真の方を頂きました
現在は既に依頼人さんの元へ行っております。依頼人さんの方には掲載許可を頂きました


元銃はスウェーデンのカール・グスタフM/45というものらしいですね
この銃自体を知っていなかったので、依頼の話を聞いてからグーグル先生に教えてもらっていました
幾つかこの銃は逸話を抱えていたりするようですが
ベトナム期に米特殊部隊がスウェーディッシュKの名で採用していた、というのが有名のようですね
バレルジャケットの方は依頼人様の要望でロングのサプレッサーに取り替えられているようです
いかにも特務用といったスタイルに成っていますね・・!

その他にも把握はできていませんが、幾つか追加されたパーツなどもあるようなお話でした

独特のバランスのとれたスタイルで、格好がイイですねー
ボルト下部の大量のリベット痕が目を引きます
グリップの木製パネルもコントラストに成っていていいですね
これによって温かみも感じられます
マガジンはUZIのものが使用されているようですね

銃全体が見どころ豊富です


ストックは折り畳めるようですね
空挺用のM1カービンがこんなスタイルだったでしょうか
このロック機構辺りが結構凝った作りのようですねー

中身の方も手を加えた事で、かなりの所飛ぶようになったとか
幾つか、インナーバレル等、なんだこれは(驚愕)という部分もあったようですが、何とかなったようです
特別変な取っ掛かりもなく、コンパクトのようでゲームにも使い心地は良さそうです

珍しい物が見れ、眼福でありました 
依頼人さんの元での活躍を期待しております