< 2017年08月 >
S M T W T F S
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
※カテゴリー別のRSSです
アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 12人

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上記事の更新がないブログに表示されます。
新しい記事を書くことで、こちらの広告の表示を消すことができます。  
Posted by ミリタリーブログ at

2013年11月15日

56式



記事にして問題ないようだったので・・

職人さんの方が今回は56式に手を付けていたようで、画像を頂きました
依頼内容はマルイAKベースに56式キット?を取り付けた品のいくつかのパーツ、木部に当たるものやスパイクバヨネット等の交換、製作であったようです

56式キット、そんなのもあったのですね・・・
56式というと最近に有名になったRS製の話くらいしか存じておりませんでした
映画などで多く印象に残っているというとプラトーンでしょうか 途中から録画したものを見たので現状、フルで見たことはないのですが・・後で借りてきましょう


木部は全て新造ですね
純正状態ではプラであったようです
これから寒いですし、温かみのある木製は良いと思います
製作について、かなり薄く作らねばいけなかったようでちょっと困ったと話されていました
しかし、しっかりと違和感なく収まっていますね
この辺りは流石です 
各部のラインもきちんと整えてあり、歪みなどもないようです
色もよく入っているようで、綺麗に出来ています
ストックが下に多く傾斜しておりますが、これについては資料写真がそうであったので、とのことでした
一度どんなものか構えてみたいものですね~




よく見るとフロントサイトは丸型の56式特有?のものになっていますね
こちらは新造のスパイクバヨネットです
純正はシリコン製?のような話でした

素材は粘りのあるアルミ製のようです
写真を見る限りかなり光沢が出ているようで、磨いた美しさが出ていますね
造形もそのまま、非常に綺麗に仕上がっているようです
基部の方は円状のようですね

そういえば、スパイクバヨネットというと過去の44騎銃の方が印象に残っていますね あちらも展開時の迫力に圧倒されたものでした

銃本体の元傷も相まって非常に使い込んだ感が出ていて、良いものですね
スパイクバヨネットも良いコントラストになっていると思います~

という訳で今回は依頼品、56式の紹介でした
  
タグ :56式

Posted by DEI at 18:13Comments(2)56式