< 2017年10月 >
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
※カテゴリー別のRSSです
アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 12人

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上記事の更新がないブログに表示されます。
新しい記事を書くことで、こちらの広告の表示を消すことができます。  
Posted by ミリタリーブログ at

2013年12月17日

吸着爆雷風モスカートランチャー



前回記事の義烈空挺風装備に合わせ、依頼していた物が届きました

吸着梱包爆雷というらしいですね
調べると写真、イラスト問わず必ずと言っていいほど目にする非常に特徴的なものであったので、こちらも必要だろうということで職人さんの方に依頼していました

こちら、本来は航空機用の爆破機材で、頭部に2つほどの吸盤が付いた設置式の爆薬であるようなのですが、ただの飾りというのも寂しかったので思いきってモスカートランチャーにして貰いました

本体をヒモで巻いてありますが、こちらはイラストの方を参考に巻いてあります
携行できるよう、携行用のヒモも別途結んであります




激発は内部のトリガーで、ここに通したヒモを引く事で行います
安全のためにセイフティも着いています
スライド式なので円滑に発射体制に移行でき、外部からの干渉も受けづらいので携行にもあまり不安がなくて済みそうです 
展開に時間が掛かるのも望まない事なのでこれはありがたいですね



モスカートの装填はキャップ式になっている本体の頭を回し、分離することで行います
しっかりとガタなく収まってくれます

全長は80cmほどに設定してもらっています
しかし、改めてよく見てみると1M程あるようですね
重量はモスカ込で1.2kg程でした 割りかし重いです 
シンプルなもので、強度もあるようです

その「棒」な外観も合わせ、ネタとしてふるうには非常に良さそうです
装備的にもこれの携行で更に情報量が増えるという事で、非常に捗りますね

しかし、最近妙に寒いのでモスカートの方の稼働が心配でしたが、何回か試射して見た限りではきちんとした量のガスを充填して少々温めれば問題なく使えそうでした
それと、最近知ったのですがモスカへのガスの注入時、一度で一気に入れるのではなく5~6回に分けて少しずつ注入するのが良いらしいですね~

というわけで今回はモスカートランチャーの紹介でした

太陽が沈みそうなのん♪

そういえば、現在原因はよくわからないのですがこれまでによく検索されていたようなワード等も含め、検索でブログの方に簡単に辿りつけないようになってしまっているようですね
  

Posted by DEI at 17:14Comments(4)爆雷