< 2017年10月 >
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
※カテゴリー別のRSSです
アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 12人

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上記事の更新がないブログに表示されます。
新しい記事を書くことで、こちらの広告の表示を消すことができます。  
Posted by ミリタリーブログ at

2014年10月19日

べ式機関短銃風電動ガン



職人さん鉄砲シリーズ、今回は陸戦隊装備の方からの依頼で「べ式機関短銃」を制作していたようです

べ式機関短銃は輸入したドイツのベルグマンMP18の全般名称みたいですが、独自に特に着剣装置を改良されたようなモデルは結構形状が違うようですね
今回はその着剣装置等を追加、改良されたモデルを製作されたようです
とはいえあまり資料が集められず、少ない資料から職人さんの方で形状を導き出し、纏めたようです





全体

外装はステンMk2を流用しつつ、しかしかなり異なった物になっています
ステンを流用した都合、レシーバスペースにある程度余裕があったようでコッキングハンドルはバネ仕掛けで前後する仕様になっているようで、これは美味しいポイントですね~
全長はハイダー等が装着されない都合他の機関短銃より少々コンパクトです
マガジンはそのままステンのストレートマグが流用されています




タンジェントサイトが大きく載っています
マグキャッチも妙な形状になっていますね


着剣装置部
特徴的な追加パーツです。これがあると一気に和風な気がしますね
寸法的にはタナカ製の寸法のようです
サイトも百短後期型と似たような台座付きの物になっていますね




依頼者さんから着装画像を頂きました(掲載許可頂き済み)
装備が合致していると一体感がありますねぇ・・・!カッコイイです
そういえば最近行った上野の商店でも物色した感じ陸戦隊物がかなり充実しているようでしたし、波が来ているのでしょうか?






知人依頼のベ式です。大きな変更は無いようです




こちらは合わせて、自分の方が依頼されたベ式弾倉属品嚢。
資料が少なく、かつ作りもまばらの様でおっかなびっくり二枚の資料と格闘して作りました。
50連マガジン用のポーチなので大型です。

・制作費
こちら、制作費はベースのステンMk2持ち込みで八万八千円
製作期間は3週間程度
だそうです

それでは以上になります
  

Posted by DEI at 19:49Comments(1)べ式機関短銃