< 2011年09>
S M T W T F S
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 12人

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上記事の更新がないブログに表示されます。
新しい記事を書くことで、こちらの広告の表示を消すことができます。  
Posted by ミリタリーブログ at

2011年09月08日

カスタムベースに4




これで一応の理想の形にはなりました
前回からの変更点は


G&Pのフロントキットと

AIMポイントブースターです

これの追加により、前回に比べてかなりの重量増加ですw
フロントキットがメタルのため付け替えると純正のときの取り回しのよさは少なくなり、とにかくずっしり重くなりました
そしてホップの調整穴が無いので調整時は固定用イモネジ二本を緩めて先端キャップをはずさないと調整できない上で、イモネジが少しでも機関部からはみ出しているとバレル自体をはめられないという仕様になります
カスタムパッキンを組み込んだのですが、ホップがかかりやすくなり、どうしてもイモネジをはみ出さない
ようにはできなかったのでイモネジの下のバネを少し切り対処しました
調整時には純正のバレルつけてやる感じですね

こんなバレルですがメタルで、バレルをセンターで保持してくれるので剛性の上昇と効果は不明ですが精度の向上?が期待できそう・・あとはなんといってもフロントがごつくなり存在感が増します
そんなこんなでメリットがあります。

重さに関しては弾倉にあたるチューブをそのまま純正のまま使用することで若干解消されました

フォアグリップははずし方がわからず困りましたが、思い切って木槌で上から数回たたいたらすんなり取れました
これにしたことによるメリットは見た目以外よくわかりません。
純正のほうが使いやすかった感も少しあります

ブースターは有名なドラ氏にて購入
運用において単発なので、ほぼ遠距離からの狙撃ような使い方になると思うので購入してみたんですがマウントの高さがあってませんので、マウントかってこないとです
今の状態では金欠なのであとでですね

あとスリングを変えました。なんだか古い型でしたので・・
前回のスリングよりも軽量で、シェル保持も確実です

内部は前述のカスタムパッキンと、メカボは開けて各部を拭いた塗ったしてメンテして、あとは発射時のビヨーン音をなんとかしたかったので、ピストンには脱脂綿をつめて、ビニールテープを貼って、スプリングには脱脂綿を通して、スプリングガイドにはガイドっぽくした水道補修用のパッキンを切って調整して通しました。
前述のように金欠ですのでお手軽にできるか?と試しにやってみましたが効果は抜群のようでビヨヨーン音がベン!に変化、かなり発射音が抑えられました

スプリングも変えようとライラのAPS2用買ってきたんですが、切らないと入らないみたいですね
後で気が向いたらカットして組んでみたいと思います。

後はフレームが浮いてるので後で塗装したいですねー

記DEI
  

Posted by DEI at 01:08Comments(0)CA870

2011年09月07日

爽快のスピンコック



KTW製のM1873ランダルカスタムになります。
モダンウエポンスキー、ゲーム厨で知られる自分がなにをこんな興味の無い分野の銃を買ってるんだと
別に荒野のウエスタンがやりたくて買ったわけではないんですが・・・

経緯はというと現在、なぜかメンバー内でエアコキブームが到来し、KTW製品に矢が立ったわけですが一人がイサカ、一人がスパスを買い、残る物はM1873となったのですがしかしとりあえず自分は
マルゼン870を改装中であったのでまぁ別に無理に買う必要はないなとおもったんですが
なんといってもイサカとスパスの作動音、発射音、それぞれのフォルムのかっこよさに徐々に購買意欲も沸き、色々調べまして・・

ショップにいって実際に触ってみてこの型と色々に惚れてしまったのが運の尽きでした。




時代を感じさせるデザイン。ゾンビ映画には結構出てくるんですよね。最近ではこれの改良版?がゾンビランドでトゥインキーに目が無いおっさんの武器として出てきましたね
実銃では44あたりのピストル弾を使うみたいですね

木製にあたるグリップ部は木目調のプラ製です
しかしここ以外はメタルパーツになります
ちなみにロットによってグリップ、ストックの色合いが濃い薄いで違うみたいです
自分は現行ロットを買いました 濃い色です

ひんやりした感触とずっしりとした重さを感じることができました

しかしパーツの成型がすこし雑だったりするところも見受けられます


ダストカバー部
あいたらあきっぱなしになります。この状態だと内部のピストンなどのユニットが丸見えの状態になります。この頃はこれを閉める動作もたのしかったり・・


フロント部
オクタゴンバレルでしたか 八角のバレルです
サイトが無いです
ブレードサイトなんかがほしかった所です



フロント、マガジン部です。前方にチューブ式弾倉をいれる形になります
段数は14発と少ないです
慣れればかなり連射できる銃故、スペア一本入れてもすぐ撃ち終えてしまいます
もう何本かスペアがほしいですね
しかし短いのでリロードにはさほど時間はかかりません。ここが利点でしょうか



これを買うのと同じく入手したマウントベース、サイトが無いのを不安に思い購入にいたりましたが
手持ちのものではあまりにも似合うサイトがない・・・
C MOREのドットサイト、ドクターのドットサイトあたりなら似合いそうなのでどちらか後々購入してみます
もはやグリップ、ストックも黒染めしてMW3のエセモダンM1887みたいにするのも面白そうですw

のせるサイトにもよりますが後述のスピンコックに支障は基本的にきたしませんでした


この銃、現在ではかなり気に入っています。
この持ち歩きたくなる風貌、以外に構えやすい銃など要素は色々ありますが
中でもスピンコックもどきが出来るのがこの銃の魅力です

エアコキなのでレバーは重く、片手のみでやるのは到底不可能なんですが両手をつかってうまくまわしてやれば
スピンコックみたいなことができます。詳しくはようつべにこの銃の名前を入れればでてくるとおもいます。
その人の華麗な技を参考にさせてもらいました。
このスピンコック、慣れれば結構かっこよく、そしてすばやく連射することができ爽快です
二発残る残弾もこの方法ならばほぼ無問題です

実射ですが、これ以外に飛びます
ホップダイアル(六角調整式)がかなり前にあるため相当バレルが短いと思うんですがホップ適正にしてやれば
うちのCA870(中古、ホップパッキン交換済み)に勝るとも劣らない飛距離を飛んでくれました。
左右のブレもあまり感じませんでした

これ気に入ったので、あとでカービンのほうも買おうかな と思うほどに面白い銃です。
しかし、コッキング時に脱落するレバーピン、内部もそのままだとネジがゆるいのでネジのマシ締めとネジロック塗布、あとはレバーピンにはグリスを塗布するとスムーズに、脱落もかなり抑えられました。
中身もグリスは質が悪そうなのが使われているのでコックに支障をきたしそうな部分はふき取った後研磨して、再度国産グリスを塗布しました。
はじめに比べると断然にコックはスムーズになりました。
しかしトリガーが少々重いですね

総じてこちら、なんだか予想外に良いものでした。価格も値下げ入れてマルイVSRと同じ位なのでコストパフォーマンスも高いんじゃないでしょうか

ちょっとこれサバゲでつかってきたいですねw
セミ戦なら・・

記DEI  

Posted by DEI at 13:01Comments(1)M1873

2011年09月06日

KTW スパスカスタム



箱出しレビューを久しぶりにします。ブレンです。
そもそも私の記事自体があまりないですね。

今回KTWのスパスカスタムを購入しました。
KTW製品自体がメンバーみな手を出していなかったのですが、最近ブームが到来しております。
その中でも私は比較的安価なスパスカスタム。
サクッとレビューしたいと思います。

外観はなかなか良いです。
カスタムのストックも個人的には良。
結構しっかりしています。
(リアサイトやハンドガードなどの)細かい部分でイマイチな作りのところもあったりしますが、全体的には良いです。
やっぱりこの他にはない独特なフォルムが良い部分ですね。

セーフティ

二重になっていて、トリガーをロックします。


リアサイトです。


このリアサイトを前後することによって、単発と二発動時発射を切り替えます。
リアサイトの前方の六角でHOP UPを調整します。

まぁHPに書いてありますねw
二発同時発射は同じ場所に飛んでいくのであまり意味がないです。
しかし、単発での精度はなかなかのものです。

ちなみにマガジンは前方です。


引き抜くんですが、これがなかなか取りづらいわけです。
ゲームではマガジンチェンジが大変ですね。


しかし1マガジン60発入るので単発で撃ってるとあまり撃ちきりません。無問題です。
コッキングしやすいので単発ながらなかなかの制圧力はあります。
曰くマルイ製スパス12よりも引きやすくて軽い点が良いそうです。
セミオート戦ではなかなか活躍できそうですね。

定例会にこの銃を持っていったんですが、実はあまり使わなくて、ほとんどメンバー「しろ」がこの銃を使ってました。
聞いた話だとヒットもとれたようなので、ゲームウエポンとしては結構優秀な部類に入ると思います。


とにかく個人的に気に入っている部分としては「音」と「コッキングのしやすさ」ですね。
音に関しては活字では表現できませんが「ガシャンッ」といういい音がするんですよー

値段から考えてもこれは良いものですね。


筆記者・・・ブレン  

Posted by DEI at 19:49Comments(0)SPAS