< 2012年03>
S M T W T F S
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 12人

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上記事の更新がないブログに表示されます。
新しい記事を書くことで、こちらの広告の表示を消すことができます。  
Posted by ミリタリーブログ at

2012年03月16日

次世代M4の手直し、修理、前出し配線など

自前の次世代のソプモッドM4ですが、スイッチが焼けタペットが削れバレルが若干右を向いているという状態にあって、長らく作動不能だったのですが

ようやっとスイッチが届いたので修理を開始しまして





次世代の中身はあまりいじったことが無いので、例によって解体新書とにらめっこしながら各部をバラバラにし、どんな感じなのかをざっとみながら作業を進めていきます

途中、どっちにしろスイッチを変えなきゃいけないので、どうせなら前出し配線にしちゃおう という思いつきの元、はんだを使うミッションが追加されました。

まずタペットプレートを交換し、配線いじりに入り、スイッチの周りのハンダ付けからコードの引き伸ばしなどを終え、配線の取り回しに苦労しつつもなんとかメカボは修理完了しました

メカボ自体の開閉はトルクスネジ四本で、そのうえスプリングが露出していて、ギアもしっかり収まっていたので、開閉の際は楽でした。
これが中華だと、油断するとスプリングガイドが吹き飛び、ギアがめちゃくちゃになり・・と結構色々ありましたので、これは楽でいいです

しかし、ここから外部の合わせや配線に手間取りました。
基本的に手探りなところもあるのですが、このあたりはかなり時間使いました。やっぱ素人なので・・
メカボは楽なんですが、次世代ゆえのギミックの多さで工程も多く、ぶっちゃけこのへんはめんどくさかったです 特にチャージングハンドル部 いつのまにか外れてたりとかw




そんなこんなで四苦八苦しながら配線完了
分解時のためにコネクタ化してバッテリー側と分離させています
配線の取り回しは最終的にあまりうまく出来なかったのとマガジン自体のフォロワーストッパーのバネの弱さか、ボルトストップは効きませんw
あとでこのへんも要対策ですね

追記・・・このあと新品のマグ買ったら普通にボルトストップ効きました。単純にフォロワーストッパーのバネの強さなんでしょうかね?



バッテリーはリポ1400イエローラインをビニールテープで固定してます
が、やっぱり見た目アレなので、あとでセパレートバッテリーを導入しようかなと



バレルを綺麗にしてから完成
結構びびりながらの作業でしたがとりあえずなんとかなってよかったです。

このスタイルのままサバゲには使おうかと。プレーンだろうがなんだろうが、やはり使いやすさが一番です。アイアンサイト万歳

若干右寄りのバレルはアルミテープで補正。これでどうにかなるかはあやしかったですが、なんとかなりましたw



前田氏配線にしたことによりストック選択の幅が広くなりました。やった
やっぱりクレーンよりCTRやブッシュネルストックのがスマートでいいです。

DEI  

Posted by DEI at 04:22Comments(0)M16、M4 系