< 2013年01>
S M T W T F S
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 12人

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上記事の更新がないブログに表示されます。
新しい記事を書くことで、こちらの広告の表示を消すことができます。  
Posted by ミリタリーブログ at

2013年01月09日

VSR10 九九式狙撃銃風


映画風加工 いいじゃないですか・・!

職人さん制作の銃器シリーズですが、十一年式の次作、今回は友人くんの依頼物、九九式狙撃銃風VSR10になります

今回も図面を用いられたそうです。その上で特に大きな部品もなかったことからかなり細身になっています。
フロントのバンドなんかも過去最高に綺麗ですね バレルなんかも図面のお陰で間違いのない長さになり
小物類も見える部分は全てとりつけされたようで、黒と茶のメリハリがきいています
バランスも程よく、構えやすかったです
参考にした写真で、グリップには削りが入っていたようだったので、こちらも再現されたようです
負い革も染めQコーヒーブラウンで銃とマッチしてくれる色になってくれました なんだかんだで優秀です、染めQ
前、四四式と同じくネジの本数は多いですがユニット化で分解は容易でした


日本の狙撃銃といえばこのオフセットされたスコープが魅力的ですね
オフセットされているので弾薬クリップがそのまま使用できるとか

こちらも今回新規で型を制作されていました。くびれなんかも綺麗に再現されています
とはいえ、さすがにレンズを入れることは不可能だったので
中には百均の単眼鏡が入っています。劣化ブースターですね
補助的に使う分にはいい感じに見えました
こちらは二本のネジで簡単に取り外しが可能に成っています。


リアサイト、こちらも似たように作られていました。
立ち上げも可能のようです
九九式については谷型ではなく丸型サイトなんですよね


単脚 こちらも展開が可能のようです。サイトと合わせ、空を撃てます
これの存在もあってか全体がゴテゴテとしています




全体 狙撃銃のボルトハンドルは曲がっているとのことで
今回ボルトハンドルをどうしようか悩みましたが、曲がったのがその時になかったのでいつものストレートボルト
ハンドルを着けました。限界まで上げるとある程度スコープと干渉してきますが、少し起こせば引けるのでそのあたりを
承知して運用してもらうことに

そういえばこれに用いたVSR中古品の中身がバレル以外、シリンダー、ヘッドなんかがステンレス、
ピストンなんかもかなりライラクスっぽいアルマイト加工されたものや、スプリング、スプリングガイドもベアリング付き
だったりなんかが詰まっており、いったいいくらかかったんだろう・・な品でしたのでどうせならと、転がっていた真鍮
バレルと社外パッキンを組んで全体的にカスタムされてる感を出しました
このあたりはVSRの強みですね

そんなこともあってか、狙撃銃を制作ってところでなんだかおあつらえ向きな中身に・・
実際初速も出ていて、飛びもいいとのことで万々歳です
銃本体も軽量ゆえ、ある程度の取り回しの良さを考えるとかなりゲーム向きな仕上がりになっています
この辺は通してきたコンセプトですので理想の形ですね

友人くんも気に入ったようで、先日のサバゲでは終始これで回っていました。
身体偽装もしたい、とか 確かに狙撃銃といえば身体偽装ですよね
偽装網さがさねば・・・

追記・・色を塗り替えました
  

Posted by DEI at 19:50Comments(16)VSR10

2013年01月08日

P90 十一年式軽機関銃風2 改修と拳銃



あけましておめでとうございます

職人さん作の十一年式風軽機ですが、あれから改修が入りました。
二戦を経て、やはり給弾の方の問題は軽視できないレベルだと判断しまして、対策を打つことに

対策の方は給弾パイプの方を肉薄の銅パイプから肉厚のあるアルミパイプに(アルミパイプが簡単に曲がってくれたのが良かったようです)
チャンバーの方も撃ってるうちに振動で少しずつずれてくるようであったのでこれに止めを入れました。
これにより、ほぼ間違いのない給弾が実現しました。
パイプの肉厚が厚くなったことでしっかりと給弾口が収まってくれます

飛びの方も一戦目はホップ丸が入っておらずダメでしたがこちらにはホップ丸とどうせなのでPDIのパッキンも入れてみました
これで飛びの方も問題がなくなりました。
バレルが長いおかげか弾のまとまりも悪くはないと思えるレベルです


速すぎた発射レートの方はラジコン用の6.6Vバッテリーを入れたところ、相当な遅さまで下がってくれました。
レスポンスの方もあまり変わりなく、低レートを実現できました。
これである程度の(気持ち程度の)持続射撃ができます
あとはやはり実際に敵と対す時にやはりトリガーを引ききりにがちになってしまう時はやはりあるもので、この時にも低レート
は役に立ってくれそうです
レートの方、X3200は持ってるんですが、レートの測り方が未だにわからず正確な数字はわかりませんが秒10位にはなってると
思うのですが(勘)
これ以外にも対策が見つかり次第施行していこうと思います
そういえば実銃は秒八発らしいですね

内部のほうはこれでほぼ何とかなりました。
外装、特に二脚に関しては前回の対策程度でしょうか
二脚を固定せずに垂らして使用するのがいいのかもしれません

この銃自体が重く、その上弾薬箱が別途必須(装填手)なので運用については色々考えなくてはならないですが、今回の
改修でネタと実用を兼ねたくらいになったと思います。
次戦が楽しみです


こちら紹介忘れてましたが弾薬箱君です
中はシェルが満載です 

追記

多弾化しました

ローレート、弾丸発射制御装置を導入しました


それと高まる拳銃需要に導入してしまいましたこちら

マルシン製M1910拳銃です ぶらうにんぐー 旧軍でも使われていたみたいですね
なんだかブラックモデルが@1だったのと単純に見てるうちにそのコンパクトですらっとした外見に惹かれ
特に下調べもせず買ってしまいました、と
本当は実用、値段含め、マルイエアコキP7とどっちかってとこでした。
こちらも安いのであとで買おうかしら

ガス固定式です。なんかサプレッサーっぽいのが入ってます
一応、「可変スーパーソニックバレル」という可変ホップみたいなものが入ってるようです。
気持ち飛距離が変わっているような気がします(あんまし撃っていない)
燃費はかなり良いみたいです。ちょっと詰めただけで相当撃てました。
グリップがガスタンクになっており、温めやすいのが利点ですね
装弾数は10発。棒状マガジンで、フォロワーを下げるとこれが固定されるのでその上から弾を入れ込みます
その特性上、弾入れてるうちに誤って吹き出したり、マガジンを入れるときは素早く積めないと内部で吹いて装填不良が
起こります
そして、これが外れやすくテープなんかを貼っておかないとちょっと小指が触れるだけでだばぁします

それと一点、トリガーが固い、ストローク長い、とでまともに連射できません
打てたとしても内部でバレルが後退するシステムもあわせ面白い集弾性に
あとはセーフティかけてもトリガーが引けてしまうのでセーフティがかかりませんですw
初速は0.2で33ほどでした
とそんな感じでネタ銃ですが格好いいので大事にします
素直にマルイP7買います


友人の方はコルトポケットを買ってました。こちらも私物として使われていたとか
小さいです。金の微糖レベルの大きさ
なんか弾盒に入りそうですね・・
こちらはそこまで硬くないトリガーでした

次回は友人くんの依頼物、九九式狙撃銃の紹介を
  

Posted by DEI at 00:24Comments(0)十一年式軽機