< 2013年07>
S M T W T F S
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 12人

2013年07月29日

オトモ、二十六年式拳銃


先週のラッキーアイテムらしいですね

先回Vショーで実際に触ったのもありますが、後は発売後の各所の画像テロに屈して・・・
買ってしまいました/// 
コミケ前なのに(震え)

初の国産拳銃、これで明治から後々まで再現できるとかなんとか
リボルバーなんてクラウンの買った以来でしょうか

そういえばこの銃を手元で転がしながらラストオブアスをやっていたりしましたが、実際のこの銃の話を見るとランナーなんかに全弾打ち込んでも倒れなさそうですね・・・


どこでもドア

工具なしでサイドプレートがパカっと開きまして、各パーツの取り外しができます
捗るギミックです
セーフティーで暇な時にでも開けてシリコンスプレー吹いてあげたりできますね

中折れギミックも楽しいです
止めがちょい硬いですが、じきに馴染むでせう
トップブレイク、ブレイクオープンなんて語感もエロエロです
このギミック、エアガンでは初めてのものだそうですね
購入したとこの店員さんは他の中折れ式も期待されていました


ランヤードとホルスターも一緒に購入デス
ちょっと、サイフが無残な姿になってん・・・

ホルスターはホヤホヤでカッチカチなので、これから使っていってガバガバにしていきます
後で余裕があれば二社のどちらかの木製グリップに交換したいところです
CAWさんの物はお高いですが赤みとチェッカリングがそそります・・・
純正の物は横線仕様のようですね


撃ってみましたが、かなり綺麗に飛んでいきました
発射音もバン!(迫真)という感じで非常に力強く、各動作、重みと合わせて男の子の部分を刺激してくれています
ダブルアクションオンリーなのでちょいとトリガーが重く、連射すると指が辛くなりますが弾がそんなに入らないのでどっこいおむすび君ですね
初速測ってみましたが、0.2gで77出ていました
高初速と聞いてはいましたが、確認が取れました
装弾数は少ないですが、補給は用意なようなのでBBローダーでも忍ばせておきますかね・・

ガス入れて、撃ってと遊んでいましたが、一度のガス充填で18発程度撃てるようです
入れすぎ注意とのことであったので3秒ルールです
シリンダーはよく冷え込みますね・・・


遊んでいるうちに生ガス噴きがかなりの頻度で発生するようになってしまったのですが、説明書に対策が示してありました。このネジ調整で現状収まっています
これからどうなるのかはわかりませんが、シリンダー等はいじりたくはないのでダメになった場合は素直にメーカーさんに送ろうと思います



軽機のオトモということで・・・
ホルスターも届いたテンションで着て遊んでいました
自宅にあるもの全部付けた感じですね・・
軽機弾のうがひとつあるのでもひとつ買って前盒と交換すればそれっぽいのかな・・?(浅学)
この時期は着るだけで汗ばみですね:

というわけで拳銃紹介でした
実戦での使用が楽しみですね
そういえば、周りでもかなりの方が買われているのを目撃しているので次回、イベントなんかでは配備率が高そうですね
荒野のウエスタン・・・
  

Posted by DEI at 06:08Comments(4)二十六年式拳銃

2013年07月10日

MW2 TF141 リオ風装備




ある程度形になったので・・・
今回はCoD MW2のキャンペーン「スズメバチの巣」に登場する主人公の周りを固めるTF141のモブ隊員、カーキの方の装備に挑戦してみました


こちらは青ポロさん こちらもカッコイイです


集め始めた理由は去年のオペレーションキングフィッシュさんへ参加した際に知り合った方から勧められたことや、この装備に興味があったのと依頼製作してもらった銃器などの運用、一年程ほぼ日本軍でサバゲに行っていたことで家で埃を被っている銃器たちの使用等も兼ねて、という感じです

日本軍装備と並行しながらでしたが、1月辺りからちまちまと集め、先回のVショーから一気に進めました
いくつかは所持していたもので代用しましたがほとんど新規に買うことになってしまったので形になるのに時間がかかりました・・
装備を再現するにあたって、ゲームをプレイし兵士の写真を撮影してそこから必要そうなものを考えたり、各先駆者さんの装備等を参考にしたりしていましたが、よくわからないような物も含めて全体的にそれっぽくでまとめてあります




頭から
おなじみのMICH2000のレプに付属していた四角マウントをそのまま用いまして、ネジ隠し用のポッチやヘルメットバンド、シュアファイアのヘルメットライトレプ、ベルクロのメス、市販のナイロンベルト製ゴーグル止め、カウンターウェイトポーチなどを着けています
カーキリオモブ隊員はヘルメット的に見るとひし型のNVマウントの方と四角型の方と存在するみたいなのですが、今回は比較的頭周りが軽装の四角マウントの方、白人ヒゲさんタイプに似せるよう進めました


このタイプですね

このタイプであるとゴーグル等のアイウェアはつけていないようなので、ある程度違和感が無さそうで軽く、曇らなそうなものというわけでX800ゴーグルレプを使用しています
パッチは上野にありました




プレキャリ部
この装備での悩みどころと言われているベストの方はいくつか考えたり調べたりした後、キングフィッシュさんで知り合った方の助言を参考にレプCIRASにJテックのイージス1というプレキャリを被せました
被さるプレキャリの固定はされていませんが、よくわからない横のバンドを再現するついでにこれを固定用にしました 
この横バンドを含め、各所に市販のナイロンベルトやベルクロのオスメス、グリムロック、バックル、ナスカンなどが使用されています
装飾品にあたるような物はほぼグルーで接着していますが強度が心配ではあったので必要そうな部分には軽く針をとおしてあります
付いているものは後部にキャンティーンポーチ、肩のバンド部分には市販の大きいカラビナ前面にTMAタイプ?PTTレプと、白人ヒゲさんタイプであると通信機材がPTTの所で終わっているようであったので、サバゲでの無線通信も考え小型のスロートマイクを着けています
胸部にはメディカルポーチ、腹回りにはPRC152レプ+ブレードアンテナ、ラジオポーチ、ハンドガンマグポーチ、ライフルマグポーチが着いています



追加

パネル更新しました

下半身
上からファニーポーチ、これの後部のポーチが付く箇所にはサバゲユースの都合でダンプポーチを取り付けてあります
右脚にはCQCホルスターのベースにマルイグロック用のホルスタが着いていますがここは後で余裕があったらサファリランドの方に変えようかなぁと
左足にはレッグパネルをベースにグレネードポーチやモバイルポーチが取り付けてありますがこちらもフラググレネードポーチやスモークグレネードポーチを追加していきたいと思っています
ニーパッドは部屋に落ちてたものを使用しています
服装の方は上はコンドルのカーキポロ、下は二点にポケットがあるタイプということみたいだったのでロスコのカーゴパンツを使用しています。
グローブはオークリーのグローブのレプリカですが、傷んでいるのと実の装用感が良かったので近いうちに更新しようかな、と
腕時計は雑誌についてくるような物で貰い物です
シューズはちょっとした手違いもありましたが、結局良くわからずといったところで、一応横に山形っぽいモールドがあるようなもので違和感の無さそうなものということでメレルのカメレオン4という物にしています
この靴、おそらく今まで買ってきた靴の中でベスト高かったですが軽快で頑丈で防水でと非常に良い物だと感じました




装備に合わせて銃器も用意してみました
MP5K、M16A4、グロック18です
MP5Kの方はリオTFの方がよく持っていますので装備再現も合わせまして、装備進めている間に欲しくなってしまったり、いざ装備をつけてみたら予想以上に重く、暑く、これは重い銃持って駆け回っていたらすぐに音を上げちゃうな・・という心配などから一から揃えてしまいました
A3グリップ、四面レイルが着いています。
スペアマガジンも含めて結構なお値段に・・
M16は埃被ってたのを修理したもので、グロックはマルイのガスブロをVショーで入手したグリーングリップに換装しています

フロント

リア

カナダ追加しました

その他






一つ、装具のテカりやかき集めたポーチ類の色の違いなどをぼやかそうと軽くウェザリングっぽく塗装とかしてみまして、この辺り、上手くできたとは言いがたいのですが直すのも容易でなさそうなので現状ママになっています

そんなわけで細部のホムセン感やボロボロ感、ど忘れ感など色々ありますが、新しい装備の紹介でしたー

こちらは敵方のブラジル民兵風装備になります  

Posted by DEI at 15:23Comments(0)装備まとめ