< 2014年02>
S M T W T F S
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28  
アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 12人

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上記事の更新がないブログに表示されます。
新しい記事を書くことで、こちらの広告の表示を消すことができます。  
Posted by ミリタリーブログ at

2014年02月26日

十四年式拳銃後期 エクセレントHW版



先の空挺装備に使用するのも含め、一丁は持っておきたいと思い、前々から後で買おう、買おうと考えつつ、値段自体はそれほどしないにも拘わらず、先に購入している友人が実演してくれたかの有名な不具合、ガバガバマガジンリップから引き起こされる「BB潮吹き」etc.に怯え、ひたすらに延ばしてきたマルシン南部十四年式、遂にというか、買いました(震え
修羅のマルシンロードへ・・

丁度お金が入った所で、不足した弾を買いに行った際に割りと新しめなモデルを発見した初動からサクッと調べた所、「BB潮吹き」が改善されているようだったことが決め手でした
とか言いつつ、お金が入って気分が昂揚した所で溢れ出た物欲が大半を占めてたりするのはナイショです




購入した物はタイトル通りに十四年式拳銃の後期型、エクセレントHW 
弾は6mm仕様です 

エクセレントと付くように、外観はかなりいいですね・・
プラのグリップも含め、全体的に暗めに仕上げられています(写真だと明るくなっちゃってますが・・)
実物を見たことは無いですが、鉄の風合いというか、そんなものを感じさせる説得力があるように思います
つや消しなどはされておらず、ツルッとしていますが、安っぽさはなく、成型色の渋みとよく合い、ここもそれっぽさを引き出している部分なのかな、と
パーツは、強度の必要がありそうな部分には大体にして金属が使われており、ご安心ですね
各部の動作も良好です

外箱は・・・二十六年式を梱包していた物に比べると・・ダンボールにシールな感じです まぁ初出し以降は仕舞っちゃうし、多少はね?

で、肝心のマガジンの方ですが、ノリで合わせて買ってしまったスペアの旧ロットマガジンも含め、給弾については問題がありませんでした
新旧比べてみると新型のほうが噴水対策の為か、整形的にやや内向きに設定されているみたいです
注入バルブも変更されているようで、旧品は真鍮みたいですが、新品はなんだかステンっぽい物でした
ちなみに旧品のスペアマグの方は給弾は問題ないこそ、ガス漏れが凄まじく、使い物にならないぞこれ・・と困ってしまいましたが
分解してパーツを見てみた所原因はガス注入ノズルのようだったので、シールテープ巻いたりして対策しましたが解決できず、そこからジャンクパーツを漁り、マルイのガバメントのノズルを発見、これがポン付け出来、組んでみたところ問題なく使用でき、解決できました

発射自体もチャージの調子で撃てる弾数にバラつきがありますが、ワンチャージで詰めが悪いと5、良いと10~15ってとこでしょうか
装弾数分は撃てますね・・
初速はポケットである程度温めたマグを用い0.2g弾で計測した所、81m/s(出荷状態微ホップ)出しました・・・かなり出てる・・
実際の弾道はわかりませんが、元々期待していないというのも含め10Mくらいの範囲である程度当たってくれれば御の字です
後は・・現在のとこジャムなんかも発生していませんね


と、以上を総合すると「なんか思ってたよりはずっといい感じ(失礼)」でした


「近代化改装・・・これでパーティーグッズとは言わせないし・・・」(山城声)


ここからどうなるかはわからんですが・・

そういえば、この銃
握った、構えた感じのしっくりっぷりは相当なものですね・・
グリップの細さといい、絶妙な傾斜といい、後方に若干重いバランスといい・・
合わせてサイトも大型で見やすく、しかも良い位置に付いてくれていますね
自分が予想した所に常に有ってくれるような感じが非常に心地よいです

セフティは・・これは焦ってると絶対忘れる位置にある上に操作しにくいですね
抜いてすぐさまコックして初弾送ったほうが早そうです

あ、刻印、側面の製造年月表示は「昭19 3 名」 でした 

あとランヤードリンク、二十六年式と比べると小さいので驚きました
ねじ込むようなのですね


こんなところでしょうか
仕上げもさることながら、各部も見所がある独特な形をしていて、操作も特殊で、かなり遊べる上で置物としても優秀な物ですね
中身も割りといい感じ?です

満足度高いゾ~コレ

あ、そういえばホルスターは買っていませんが、これは来月ですね・・
  

Posted by DEI at 16:43Comments(0)十四年式拳銃

2014年02月02日

試製二型機関短銃風電動ガン




職人さんシリーズ、今回は旧軍の「試製二型機関短銃」になります
以前に職人さんの方へこの銃について話があった際に、自分の方が資料を探していた所PCのフォルダに詳細な各部、各面の申し分ない量の資料と簡易なものですが図面も発見しまして、そのままそっくり職人さんの方へ送ったのですが、その後にこの話自体は別件に移りまして・・
しかし職人さんの方は、この銃自体は面白いし、資料もこれだけあるのならば後で作ろうかな、とのことで話をされておりまして、そこに「製作された暁には買い取ります」と自分が手を上げそのまま依頼製作となりました





外観はレトロなMP5というか、本当に昔の鉄砲なのかパッと疑ってしまうくらい非常に近代的な顔をしています・・
ちなみに現物の方は大戦末期に戦車兵等の兵種に少数支給されていたようです
用途的にも昨今のPDWっぽいですね。。

全長は648mmと超コンパクトです
百式が800ちょっとなのを考えると相当なものですね・・
重量もマグ込で1800gとかなり軽量に仕上がっています
ゲームには理想的ですね~

寸法的には機関部の上下幅が6mm大きい以外は寸法通りのようです
着け剣も可能なようです

分解は剣止め上部の六角とグリップ上部のネジを外すのみでバレル、メカボまで取り出せるようになっています

機関部はアルミの一本物で、銃床に収めるようになっている事から剛性自体はかなり高そうです
軽いですが、しっかりとした安心感があります

マガジンはMP5の物が使用されています
特徴的なマガジンの傾きはマグキャッチとの間にスペーサーを入れて対応されているようです
ここで結構印象が変わるのでありがたいですね
問題としては、このマグキャッチ部が何ミリか出っ張ってしまった事ですね・・
自分の方でMP5のジャンクパーツを保持していたことで、マグキャッチが使えるんじゃないかと思って渡していたのですが二型が思ったより小さかったことと、前述の傾き対応で出っ張る結果になってしまったとのこと
無理に覆い隠して変なバランスになるのも憚られ、相談してなるたけ目立たない格好にして貰いました
キャッチレバーはコイン状になっており、横押しすることで行います


バレルジャケットには三面に放熱穴が入っています
一見銃身に見える銃身先端の棒は、銃剣を止める為のものですね
この辺りのモールドもきちんと再現してあります

それと実銃の話ですが、この銃の大きな特徴として射撃時、弾丸の給排を上部、銃身先から一つ段に当たるまでの部分がスライドして行われるらしく、詰まるところ撃っているとフロントサイトがそれはもう荒ぶるらしいです
これの影響かフロントサイトがないような物も資料で見かけたような気がします

バリエーションが幾つかあったようで、有名なもので車載型、これに折り畳み銃剣付きなんかもあったようですね・・使用状況があんまり想像できませんが・・


トリガー周り

トリガー上部にはセレクターとエアーバッファーレバーという発射速度の調整レバーがあります
連射、単射が切り替えられ、発射速度が調整できるという、ここだけでも相当に高級感がありますね・・
こちらについては双方ダミーですがセレクターレバーは可動します 矛盾が防げますね
発射速度の調整については今まで搭載してきているタイプの物が入っていて、こちらで行えるようになっています

セミは市販のバーストコントロールユニットを使用してやろうかなぁと
後述にありますが、メカボ自体の耐久性の不安があるのでセミオート銃として運用するのも良さそうです

トリガーはくり抜いたストックの中に配置されています 
サムホールトリガーというやつですね
周りの逃げは綺麗に処理されており、指の掛けも自然です

リアサイトは百式等のものに比べて小型の物が着いています
前回百式と同じく一定量の上下調整が可能です

必要不可欠なセフティについてはリアサイト下部にスイッチが着いています
電気的に切ってしまうものなので安全ですね




ストック後端周りと裏面

深海魚的な特徴的なストックですね
グリップとは一体型になっています
バッテリーはここに収納されます

バッテリー蓋も兼ねているバットプレートはかなり薄い物になっています
形状自体も曲げが多く入った特殊なものですね

裏面、排莢口部分は作動の関係でマガジン挿入口より前方に配置されています
ダストカバー的な意味だと強そうですね

スリングは安価な布製の56式用のものを使用しています
軽量さもあってか背負った時にほとんどストレスがなく、背負った状態である程度他の行動も支障なく行えそうな気がします



ファッ!? おまけ剣が入っていました
グリップにはきちんと木が使用されていてしっとりとした持ち味です
刀身も加工されていて綺麗です

加工自体もかなり、安全に配慮されていました 
お家で遊ぶのに非常に楽しいグッズですね・・ありがとうございます


というところで良い感じの二型なのですが
現状、中身のマイクロメカボックスくんが一定の試射の段階でこちらが用意していたスペアパーツを抜き、不動の状態です;
職人さんの方が世話をしてくれていましたが、これ以上手間を掛けてしまうのも問題なのでそのまま送ってもらいました
スペアパーツの到着次第に自分が修理に入るつもりですが、いやはや、脆弱なようですね・・・
元々古い不動のメカボへ、不足している必要なパーツを組んでいったので一定壊れるのは予想してはいましたが、少し余裕を持って仕入れていた新規のパーツの方がポコポコ逝ってくれたようで
特にメカボのガワの各所の破損、タペットプレートの摩耗が多く見られるようですね
タペットは安いですし、幾つか組んでみたところこれを軽く研磨すれば動きがかなり良くなることが発覚したそうですが、メカボのガワについては如何ともし難く、アルミ製故のロウ付けなどでの強度対策が不可能という話とそれに加えて値段が結構高いのが問題で・・
二型自体がコンパクトな銃故のスペース的な余裕の無さも一因あるようですが・・
コン電シリーズ自体、MP7を見たところプラのフレームでガッチリ覆ってあり、中である程度メカボが破損しても使用上あまり不具合が出ないようになっているって感じのようですし(実際不具合を感じた時に初めてメカボを外した所よくこれで普通に動いていたなぁと感心する程にボロボロだったりしました・・)

なんにせよ、このまま順調に壊れてくれてしまうとランニングコスト掛かり過ぎですね;
現状、同メカボを用いている前回記事の百式の方は二戦を経て特に異常なく活動しているので、これで当たり外れの問題となってくれれば救いがあるのですが・・・

うーん、この・・難しいですね

と、暗いオチだと悲しいので・・・!

この二型自体は前百式に引き続き、非常に綺麗に出来ていると思います
近代的なスタイル、コンパクトなボディとそれに凝縮された数多くの特徴的な各部と非常に見所満載な本銃、憧れていた一つだったのでこうして現物として手にとれたのは素直に嬉しいですね

追記





こちらは他の方の依頼品の車載型です(掲載許可は頂いています)

二型のバリエーションモデルですね
実戦で見られたのはこちらのタイプのようですよね
ある程度量産された?ということでか、車載用途も合わせ形状的に結構違いがありますね~

バレル前方からは着剣装置が消え、丸みを帯びたスタイルに
全長は更に短くなっています
フロントサイトはガードのないタイプに、バレルジャケットの放熱穴は四穴から五穴に、側面指掛け穴は大きな削りに
トリガー穴は拡大され、トリガー自体は大型に成っています
スリングスイベルは無く、トリガー下部の張り鉄板も省略されています