< 2014年04>
S M T W T F S
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 12人

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上記事の更新がないブログに表示されます。
新しい記事を書くことで、こちらの広告の表示を消すことができます。  
Posted by ミリタリーブログ at

2014年04月14日

百式機関短銃(後期型)風電動ガン


写真が届きました
職人さんビルドシリーズ、百式機関短銃風電動ガン
今回は「後期型」を製作されていたようです

先回の前期型、ステンMk2のスタンダードメカボ搭載型のバリエーションモデルですね
設計等はほぼそのままに後期型になっているようです
これで空挺折り畳み仕様から、前期、後期と揃ったと言う事で・・なんとも感慨深いですね

後期型と言う事で、マガジンキャッチ部やフロントサイトの付け根などに見られる溶接痕等の再現から前期型から簡略化されたパーツがズラリと並んでいます
よく見ると結構細部が異なることがわかります
先端の先細ったハイダー周りを主にチャージングハンドル、板張りのリアサイト、レシーバー後部の形状(フラット)、小型のセフティ、横の分解用ピンの受けも丸型から角型に、ストックも排莢口周りがざっくり削られ、横の握り溝は長くなっていますね

着け剣部は先回の前期型と同じく、実際の剣から採った寸法を用いているようなので、着け剣はおそらくは可能という事でした
そろそろ実証も合わせて一本欲しいところなんですが・・

各部










100式機関短銃後期型

・素材のステンMk2持ち込みで78000円、オプションは別途の料金

ということでした



自分の方は破甲爆雷嚢を作り直していました
いい色の薄地の帆布が手に入ったのでこれを使い、スマートに収めてみました
実寸なんかは取れないので、相変わらず寸法は推測なんですが・・
次は知り合いの方から既に実寸を採らせて頂いている、二式弾帯に掛かろうと思います~





他の方の依頼品の後期型です(掲載許可は頂いています)
こちらはオーナーさんの要望でMP5用マガジンを無加工で使用できる仕様になっています
マガジンキャッチは押し上げ式、ハウジングの面に合わせてありますね
リアサイトは指摘を頂いたので厚みのある板になっているそうです


オプション加工情報


以前から課題であった上下寸相違ですが、今回、新たに施行した加工により解決できたようです

こちらが試作の物です。一定稼働させて、現在の所は問題ない状態です

加工費的には通常のものより工程が多く掛かってしまうということで、これに上乗せということになるそうです
値段は計算中との事でした
  

Posted by DEI at 13:09Comments(9)百式機関短銃