< 2017年11月 >
S M T W T F S
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 12人

2012年03月17日

VSR10 三八式歩兵銃風




しろの所有物のVSR10です。こう・・・長いです
彼は現在WWⅡ、旧日本軍装備に移行しているのですが、やるにあたってどうせならば古の三八式歩兵銃のような長いボルトアクション小銃を用いたいと思ってKTW三八、タナカの三八式や騎兵銃、マルシンのKar98などいろいろ検討していたのですが、やはり高さが目につき、そして性能も未知数で安定性もどうか?といった感じがありいろいろ自分も含めて議論などを重ねていましたが

最終的に前回、自分がランダルのストックでお世話になった、知り合いの職人さんに、VSRのストック、上部カバーを制作を依頼し、三八式歩兵銃風にしてもらうことになりまして・・
制作にあたり、細い径のバレルは彼がホームセンターあたりでアルミパイプを買ってきて、根本をアルミテープを巻いているとかでなにかしら固定処理をして、センターを取っているみたいです。

ストックの木材はラワンらしいです。いい赤みがでています 下処理用ニスが塗ってあります
出来はさすが、幾年も木材を加工してきた職人さんゆえ、とても綺麗な仕上がりで、ガタもありません
バットとグリップ周りはVSRのものをそのまま大まかにけがいて作ってもらったそうです。
あとはいくつかの写真でイメージをとってそれっぽく という感じでの制作らしいです



上下 
VSRの内部の関係や耐久性の関係か厚く作られています 
重さは2.6Kg

マガジンは圧着です。抜けはしませんし発射もされるんですが、取り外しづらく、ここは改善が必要そうですね


先端バレル周り サイトはストックの完成後にサバゲが近かった関係もあり急造品です。彼がパテで制作した模様。それでもってクリーニングロッドもそのままVSRのクリーニングロッドが取り付けられています

銃剣取付部周辺のリング状パーツは、それっぽく作ってもらったようです 
このへんはよく聞いてないので詳細は不明です


リアサイト周り そのままVSRのものを使っています
本当はタンジェントサイトがついていたり色々ゴテゴテしている部分ですね
このへんも改良の余地があるのですが彼がやるかどうかですね

これから、ボルトはストレートボルトハンドルに交換する予定らしいのでそれをとりつければもう少しそれっぽくなってくると思われます。

性能自体は箱出しVSRの性能があります。
細部のディティールはやはりそのまま流用していたりしているので、あくまでモドキなのですが、サバゲユースとして考えれば安定しているというのは大きいですね


前回のサバゲでの写真 
長すぎるせいか、移動の際は銃の腹を持って走りまわってました
装備もこれから改良していく予定はあるそうです
昭五式という服にするとか、89式擲弾筒がなんとかいろいろいっておりました

記事のタイトルや写真の加工は彼にお任せしたので彼の趣味が出てます

追記
現在ではリア、フロントサイトやグリップが改修されています

その後その職人さんと色々話しているうちになにかあるなら作ってあげるよ?との言葉を頂いたのでその言葉に甘え、自分も作っていただくことになりました。
そんなわけで現在「百式機関短銃」を制作してもらっています
もうすぐ出来上がるとの事なので出来上がり次第更新します。





同じカテゴリー(VSR10)の記事画像
VSR10 九九式狙撃銃風
VSR10 四四式騎銃風2 ボルト周辺加工、色塗り&PHSさん報告等
VSR10 四四式騎銃風
VSR10 二式テラ銃風 3
VSR10 二式テラ銃風 2
VSR10 二式テラ銃風 1
同じカテゴリー(VSR10)の記事
 VSR10 九九式狙撃銃風 (2013-01-09 19:50)
 VSR10 四四式騎銃風2 ボルト周辺加工、色塗り&PHSさん報告等 (2012-11-15 00:58)
 VSR10 四四式騎銃風 (2012-10-06 19:41)
 VSR10 二式テラ銃風 3 (2012-06-11 01:09)
 VSR10 二式テラ銃風 2 (2012-06-03 23:33)
 VSR10 二式テラ銃風 1 (2012-05-31 00:30)
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。